保険診療と自費診療の違い
トップページ >> 費用 >> 保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い

歯医者の診療には健康保険が適用される保険診療と適用されない自費診療があります。それぞれに特徴がありますので、患者さんのご要望やご予算等を踏まえて、適切なほうをお選びください。また当院では保険診療にも注力しており、保険診療の適用内でも質の高い治療をご提供しております。

保険診療とは
機能回復を目的とした保険診療。国の定めにより使用する素材・治療法・保険点数が決められていて、必要最低限の歯科治療が受けられます。自費診療のほうが質の良い治療を受けられますが、だからといって保険診療の治療の質が悪いというわけではありません。
自費診療とは
素材や治療法などを自由に選べる自費診療。審美性や機能性に優れた治療を受けられます。ただし健康保険が適用できないため、費用が保険診療に比べて割高です。費用設定は各医院によって違いがあります。歯医者の診療には健康保険が適用される保険診療と適用されない自費診療があります。それぞれに特徴がありますので、患者さんのご要望やご予算等を踏まえて、適切なほうをお選びください。また当院では保険診療にも注力しており、保険診療の適用内でも質の高い治療をご提供しております。

保険診療・自費診療の特徴

保険診療 自費診療
治療内容 機能回復のために必要な治療を受けることができます。 いろいろな素材・治療法が選べます。症例にもっとも適した治療を受けることができます。
審美性 銀歯などを使用したりと、あまり審美性に優れているとは言えません。 セラミックなど審美性に優れた素材が使えます。自然な仕上がりで、治療を受けたことが分からないことも。
耐久性 自費と比べるとやや劣りますが、十分満足していただけると思います。 様々な素材を使えるので、耐久性に優れた補綴物をつくることができます。
費用 健康保険が適用されるため、経済的な負担をおさえることができます。 健康保険が適用されないので費用は割高になってしまいます。