インプラントについて
トップページ >> 診療項目 >> インプラントについて

インプラントについて

噛める喜びが甦る「第2の永久歯」インプラント治療とは…

人は一度永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わることはありません。そのため今までは「入れ歯」や「ブリッジ」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし「入れ歯」だと噛む力(咀嚼力)が低下する、発音がおかしくなる、また長く使っている間に歯茎や骨が変形して合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
それに対して、インプラントは顎の骨に歯根部となる金属(チタン)を埋め込み、その上に人工歯を被せるという方法で失った歯を補います。
このようにして天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のようにしっかりと噛めるという機能性が回復します。

インプラントの問題点

歯は1本でも抜けると、周りの歯列や噛み合わせに影響します。放っておくと噛むときに他の歯に負担がかかり、周りの歯まで痛めてしまいます。そのため早急に抜けた部分を補わなければならないのですが、その際の方法としてインプラント治療は最適であるといえるでしょう。ただし、保険がきかないために、治療費が全て患者様負担になります。インプラントが懸念される一つの理由としては治療費でしょう。
また、インプラント治療は誰もができる治療ではありません。学術および治療技術、しいては医院の設備が整っていてはじめて安全にできる治療です。ご安心して治療を受けて頂くためには、患者様がこういった部分をしっかりと見極める必要性があります。

インプラントにすると…

自分の歯と同じ様な感覚で噛むことができます!

インプラントは顎の骨で固定する治療法なので、入れ歯のようにガタガタしたり痛みを感じたりすることがなく、自分の歯のように噛めるようになります。

自信や積極性が回復!

発音や発声の妨げにならないので、人との会話や食事が苦になりません。

審美性が高い!

当院のインプラント治療で使用する人口歯はセラミックを使用しているため、色も形も自分の歯に合わせて作る事ができます。ですので自然で綺麗な歯並びになります。

自分の歯の保護

インプラントはブリッジの様に隣り合う健康な歯を削ったり、支えにすることが無いので自分の歯を痛めることがありません。

インプラントにすると…

インプラント治療は大体二回に分けて手術を行います。
ただし、1回法といって1度の手術で済む場合もあります。1回法は手術が1回で済むので患者様への負担は少ないですが、 適応できるケースが限られている他、感染症のリスクがあがりますのでここでは2回法のみの流れを記載させていただきます。 気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

カウンセリング
基本的な治療に関することをしっかりと説明させていただきます。
また、患者様の気になることや不安なことがあればご遠慮なくお聞かせください。
カウンセリング、診断、精密検査
↓
検査・診断
レントゲン撮影やCT撮影のほか、血液検査や体調のチェックを行います。
また、検査から導き出される治療計画についてしっかりと説明させていただきます。
 
↓
一次手術
歯肉を切開し、フィクスチャーを顎骨に埋め込みます。 フィクスチャーが顎骨と結合するまで個人差はありますがおおよそ3〜6か月ほどになります。
土台となるわけですからしっかりと固定されないといけないわけです。
※実際に歯肉を切開してみて思った以上に骨量が少なかった場合は、GBR(骨造成)法などの処置を行い、期間をあけて再度一次手術を行うことがあります。
インプラント一次手術
↓
二次手術
埋入したインプラントが骨としっかり結合したら、再度歯肉を切開します。 そこでフィクスチャーにアバットメント(上につける歯とフクスチャーを連結させるつなぎ・土台)をしっかり装着します。装着後、縫合します。
インプラント二次手術
↓
上につく歯の取り付け
歯茎が治ってから、最終装着する人工歯を取り付けていきます。
人工歯の設置
↓
メンテナンス
歯科治療全般におけることですが、メンテナンス(定期検)は大変重要です。インプラントを長持ちさせるために定期的にお越しください。
 
歯が無いことで起こる健康への影響
オールオンフォー
歯が少ないと言われたら(GBR・サイナスリフト・ソケットリフト)
光機能化インプラント