金属を使わない治療(メタルフリー)
トップページ >> 診療項目 >> 金属を使わない治療(メタルフリー)

金属を使わない治療(メタルフリー)

当院ではできるだけお口の中で金属の詰め物や被せ物を使用せず、からだにやさしい素材を使用するようにしています。 今日の日本の保険診療でできる詰め物や被せ物は素材が限られており、特に金属(いわゆる銀歯)を使用 することはさまざまなデメリットがあります。

  • 頭痛・めまい・アトピー・アレルギーなどの不定愁訴の原因(ガルバニー電流の発生)
  • メタルが流れ落ちて歯茎にも着色する
  • 金属アレルギーが出ることも
  • アマルガム(水銀を使用した銀歯-諸外国ではすでに使用禁止)などもある
  • 見た目がよくない

当お口の中に金属を使用することはこれらのリスクを伴います。 但し保険で治療できるので安価ですむというメリットはありますが、患者様のお口の健康を保つために、 医療人として金属素材をお勧めすることは避けています。 保険治療の対象外とはなりますが、身体に優しく強度があるセラミックやジルコニア素材を使用する方が 長期的に考えてもよほどメリットがあるからです。また、それらの素材は大変見た目がよいのも特徴です。 気になされた方はぜひ一度受診ください。

具体的な治療の種類

金属を使わない具体的な治療の種類にはこのようなものがあります。

1.セラミックの詰め物・被せもの セラミックの詰め物・被せもの

金属を使用しないことで歯肉(はぐき)が変色せず、 自信をもってお口を開けることができます。
また、当院は即日セラミック治療ができるシロナ社のセレックACを導入しています。

2.ファイバーコア ファイバーコア

被せ物(差し歯)の治療をする際には歯に土台を立てなければなりません。
それをコアというのですが、このコアもノンメタルで対応します。

3.ノンスクラプデンチャー(金属なしの入れ歯) ノンスクラプデンチャー(金属なしの入れ歯)

入れ歯も金属を使用しないものがあります。
引っかける部分は歯肉(はぐき)と同色ですから見た目もよいです。

本当に良い歯科治療

金属を使う治療(おおよそが保険治療)のデメリットはおわかりいただけたかと思います。
さらに、私が考える本当に良い歯科治療について、記載したページがございますので興味があられる方は
どうぞこちらからご覧ください。

保険治療と自費診療の違い